院長・医師紹介

  • HOME
  • 院長・医師紹介
当医院のご案内

院長 小宮精一 挨拶

当院は平成2年に開業以来、
耳・鼻・のどの病気全般、
特にスギやイネ科などの花粉症、
ダニなどの通年性アレルギー性鼻炎の治療、
耳鳴り、難聴の治療や補聴器の相談などを
行ってまいりました。

当院は十分な説明で納得のいく診療を
モットーとしております。
病気は医者が治すものではなく、
医者は手助けをしているに過ぎません。
わからないことは何でも聞いてください。
丁寧にお答えいたします。
ただし、そのぶん一人当たりの診察時間が長く、
待ち時間が長くなりがちな点は悪しからず
ご了承下さい。

 

令和2年2月、
当院は開院30周年を迎えました。
これもひとえに患者様、
関係者の皆様のご支援のおかげ、
と厚く御礼申し上げます。
ただ、長く続けるということは良い面だけでなく、
知識や技術の陳旧化やよそからの刺激がなく
診療が独善に陥る危険もはらんでいます。

そこで思案していたところ、
母校京都府立医科大学の耳鼻咽喉科で
私が以前携わっていたのと同じ
小児聴覚外来を担当されていた
兵庫美砂子先生が退職されることを知り
ご支援をお願いしましたところ、
快諾をいただきましたので、
4月より診療の一部を肩代わりいただき、
いろいろな新しい医療を
取り入れてゆくことになりました。

以前より受診されている患者さんには、
情報伝達が不十分であったり、
診察手順が違ったりで戸惑いや
ご不便をおかけすることも
あろうかとは思いますが、
スタッフともども一丸となって頑張りますので
何とぞ今後とも当院をご支援賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。

院長略歴

<資格・役職>

  • 日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
  • 厚生労働省 補聴器適合判定医
  • 日本耳鼻咽喉科学会 補聴器相談医
  • こどもみらい館相談委員
  • 京都府・社会福祉審議会委員
  • 下鴨小、松ヶ崎小、市原野小、鞍馬小、静原小 、花背小中学校、各耳鼻咽喉科校医

医師 兵庫美砂子 挨拶

小宮耳鼻咽喉科での勤務も
ようやく少しずつ慣れ、
当院のモットーである
「一人ひとりを大切にする診療」
を実践すべく、
日々奮闘中です。
着任直後に日本国内に
新型コロナウイルス感染が広がり、
新しい生活様式が提唱され、
医療現場においても新型コロナ前後で
いろいろなことが変わりました。
当院でも衛生面に十分留意のうえ、
診察にあたっております
新型コロナウイルス感染症への対応について)。
京都府立医科大学耳鼻咽喉科在勤中には、
小児のきこえの外来やご高齢の方の
補聴器外来などを担当していました。
また、プライベートでは二児の母として、
子どもの体調に一喜一憂した経験があります。
それらの経験をいかして、
患者様に寄り添った、
皆様に役立つ医療を行いたいと
思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

医師略歴

  • 平成5年~
    京都府立医科大学 卒業後
    京都府立医科大学耳鼻咽喉科 入局
  • 平成6年~
    鞍馬口医療センター耳鼻咽喉科
  • 平成8年~
    京都府立医科大学耳鼻咽喉科
  • 令和2年4月~
    小宮耳鼻咽喉科勤務
    (京都府立医科大学 京都市児童福祉センター 非常勤勤務)
<資格・役職>
  • 日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科医専門医
  • 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
  • 厚生労働省 補聴器適合判定医
  • 日本耳鼻咽喉科学会 補聴器相談医
  • 日本耳鼻咽喉科学会京都府地方部会福祉委員長